福岡県飯塚市でその日に噛めるインプラントを実施する歯科医院。他院で断られた方も相談可能。

ほわいと歯科こども歯科パソコン用の画像 ほわいと歯科こども歯科スマートフォン用の画像

天然の歯と変わらない見た目と
快適な食生活を取り戻しましょう

ほわいと歯科こども歯科

インプラントとは
~dental implantation~

歯の抜けたところに、人口の歯根を植え、しっかりと顎(あご)の骨と固定した後、その上に人工の歯を製作し装着する方法です。健康な歯とおなじように噛めるようになります。

インプラントとは

歯を失うと、どのような弊害が起こるのでしょうか?

ほわいと歯科こども歯科 ほわいと歯科こども歯科
ほわいと歯科こども歯科 ほわいと歯科こども歯科

患者様の負担の少ないインプラント治療

当院では治療期間のQOLの維持と治療期間短縮のために以下のことを工夫しています。

■ 即時埋入
抜歯と同時にインプラントを入れることができます
■ 即時荷重
骨の状態が良ければ入れたインプラントにすぐ荷重をかけて仮歯を支えます
■ 暫間インプラント
治療期間中のみの仮のインプラントを適用して仮歯を支えます
■ HAインプラント
従来のインプラントが6~12ヶ月の治療期間が必要だったのに対して、HAインプラントは2~6ヶ月で治療が可能です

当院では、
なるべく短期間で侵襲の小さい外科処置で、患者様に負担の少ないインプラント治療を目指しています。

インプラントとは

治療のながれ
~Remedy process~

インプラント治療の際に行うべきなのは、インプラントを埋め込むことだけではありません。
虫歯や歯周病などの歯の病気や噛み合わせの異常なども併せて総合的に治療を行う必要があります。

歯を失った原因を突き止め、治療に必要な基礎資料を収集します。
また、レントゲンや口腔内の撮影、歯周病の進行度合いの測定、歯肉の状態なども検査します。当院ではインプラント治療を行う前に先端CTスキャンによるCT撮影で充分な術前診査を行い、より安全に治療しています。

基礎資料の内容を基にして総合的に診断を行います。ここで患者様の希望(機能・審美・費用・時間など)を聞き、疑問や質問にお答えします。その後、総合診断を基にして治療計画を立てます。治療計画は患者様に丁寧に説明し、ご理解をいただいてから治療に取り掛かります。事前に、CTにてインプラントのシュミレーションを行います。

CTを用いた3D画像による診断・治療計画のうえでのインプラント埋入オペ(より痛くなく、より 確実に)
術前、術中、術後、いつでも院内にてCT撮影でき安心で安全にインプラント治療が受けられます。

インプラントが骨と結合するまでの治癒期間を設けます。
患者様の骨の状態によって仮歯を入れ、即日から噛むことも可能です。
特に前歯へは必ず仮歯を入れ見た目の回復をします。

患者様の噛み合わせや歯の色及び審美性をチェックしながら作製し、装着します。

治療によって得られた歯を長期的に維持・安定させるには、患者様ご自身による日々のブラッシングと、衛生士などのプロによる定期的なメンテナンスが必須です。定期的な咬み合わせのチェックも不可欠です。

負担の少ないあなたにやさしいインプラント治療

従来のインプラント治療には、チタンが持つ生体親和性を利用して骨と結合させる方法を採っていました。
ただ、この方法は、初期固定がないと骨とチタンが結合しない可能性も考えられます。
そんな危険性を改善するために作られたのが、骨とチタンとの結合を強化する
「HA(ハイドロキシアパタイト)」をコーティングした「HAインプラント」なのです。

HAインプラントとは?

HA(ハイドロキシアパタイト)とは歯や骨を構成する成分のことを指し、そもそも歯のエナメル質は97%、象牙質は70%がHAで構成されています。
虫歯の初期症状はエナメル質が溶け始めることですが、HAは唾液中のミネラルイオンに作用してエナメル質を再石灰化させ、虫歯の進行を止める作用があるのです。その成分が使用されているからこそ、HAインプラントは高い治療成功率を可能にしています。

ほわいと歯科こども歯科 ほわいと歯科こども歯科

一度インプラントを断られた方へ

インプラント治療を行う際、上顎と下顎では難易度が異なります。上顎の上部に当たる頬の骨の中には大きな空洞「上顎洞(サイナス)」があり、この影響で上顎の骨は下顎の骨よりも薄くなっているのです。そのため、インプラント治療は一般的に下顎より上顎の方が難しくなっています。
上の歯のインプラント治療は、薄い上顎の骨にインプラント本体を埋め込まなければなりません。そのため、骨にインプラント本体を埋め込むだけの厚さがなければインプラント治療は不可能だったのです。それを理由に治療を断られた方も多いことでしょう。しかし、現在では上顎の厚みに関わらずインプラント治療を可能にする技術が開発されました。
上顎の骨の厚みが足りない場合に採られる治療法です。インプラントを埋め込む場所に骨の素になる物質(自家骨など)を入れ、上顎洞を覆う粘膜を少しずつ押し上げます。これによって骨の厚みを増すのです。

一度インプラントを断られた方へ
スプリットクレスト

骨が薄い時には幅を広げてインプラントします。

一度インプラントを断られた方へ
GBR

骨や歯肉がない時には、骨と歯肉を作ってインプラントします。

一度インプラントを断られた方へ
ソケットリフト

上顎洞まで距離のない時には上顎洞底を挙上し、
インプラント埋入します。

インプラント 症例 ~Cases~

CASE 1

CASE 1

左上2の歯が折れて歯茎から膿が出ていました。抜歯と同時にインプラントを埋入し、仮歯も入れました。見た目もどの歯がインプラントなのかわからないと喜んで頂きました。

治療内容 抜歯即時インプラント・GBR(骨造成)
治療期間 3ヶ月
費用 32万円(税別)
リスク・副作用 外科治療のため、腫れる可能性があります。場合によりまれに骨結合しない場合があります。インプラントはメンテナンスが重要となります。メンテナンスを受けられない場合は補償の対象外となりますのでご注意ください。

CASE 2

CASE 2

右下の奥歯が割れていて抜歯となったため、抜歯と同時にインプラント埋入しました。1度も腫れることなく、痛み止めも飲まなくて良かったと、喜んで頂きました。

治療内容 抜歯即時インプラント・GBR(骨造成)
治療期間 3ヶ月
費用 32万円(税別)
リスク・副作用 外科治療のため、腫れる可能性があります。場合によりまれに骨結合しない場合があります。インプラントはメンテナンスが重要となります。メンテナンスを受けられない場合は補償の対象外となりますのでご注意ください。

CASE 3

CASE 3

前歯にコンプレックスがあったそうです。その前歯が折れて、抜歯と同時にインプラントを入れました。仮歯も入れて治癒期間も見た目の回復をしました。

治療内容 抜歯即時インプラント・GBR(骨造成)
治療期間 3ヶ月
費用 32万円(税別)
リスク・副作用 外科治療のため、腫れる可能性があります。場合によりまれに骨結合しない場合があります。インプラントはメンテナンスが重要となります。メンテナンスを受けられない場合は補償の対象外となりますのでご注意ください。

CASE 4

CASE 4

1度入れ歯を作ったけど、気持ち悪いし入れ歯のバネが銀色で目立って嫌だった。インプラントを埋入したその日から仮歯が入り、遠方からの来院で治療回数も少なく済んで喜んで頂きました。

治療内容 インプラント・スプリットクレスト
治療期間 3ヶ月
費用 90万円(税別)
リスク・副作用 外科治療のため、腫れる可能性があります。場合によりまれに骨結合しない場合があります。インプラントはメンテナンスが重要となります。メンテナンスを受けられない場合は補償の対象外となりますのでご注意ください。

CASE 5

CASE 5

下顎の総入れ歯は全く合わずに、喋る時に入れ歯が浮いてきて、柔らかいものしか食べることができませんでした。インプラントを2本入れて入れ歯の固定源にすることにより、動かずに硬いものでも何でも食べられるようになりました。

治療内容 インプラント義歯
治療期間 3ヶ月
費用 36万円(税別)
リスク・副作用 外科治療のため、腫れる可能性があります。場合によりまれに骨結合しない場合があります。インプラントはメンテナンスが重要となります。メンテナンスを受けられない場合は補償の対象外となりますのでご注意ください。

インプラント料金表
~Price list~

スマートフォンでご覧の方は、表の上にタッチしながら←の方向に動かしてください

内容 料金 治療期間 リスク・副作用等
インプラント 本体・施術(上部構造含まず) 150,000~200,000円 2~6ヶ月 骨質によりインプラントが定着しない場合や、
お身体の状態により施術ができない場合もあります。
アバットメント 30,000円~80,000円
上部構造 70,000円~120,000円
骨造成再生療法 30,000円~

※料金はすべて税別です



〒820-1114 福岡県飯塚市口原349-11ほわいと歯科こども歯科案内パソコン用の画像 ほわいと歯科こども歯科案内スマートフォン用の画像