福岡県飯塚市の歯科医院。全身の健康を考えた歯周病治療を実施。

ほわいと歯科こども歯科パソコン用の画像 ほわいと歯科こども歯科スマートフォン用の画像

歯を失う最大の原因は、
歯周病です

ほわいと歯科こども歯科

歯周病について
~Periodontal disease~

わが国の成人の80%以上が歯周病に罹患していると言われております。
歯周病の一番の原因は、歯についた歯垢・歯石です。歯の周囲に歯垢・歯石が付着したままでいると、そこを巣とした細菌が繁殖し、歯肉に炎症が起こります。当院では歯周病菌やカビ菌がいないかどうか位相差顕微鏡で検査を行っています。

歯周病について

■ 歯周病の治療と位相差顕微鏡

お口の中の菌の状態によって歯周病の進行具合が変わります。顕微鏡で確認することによって、現在の状態はどうなのか、これからどうなっていくのかを判断できます。これまでの治療は歯磨き指導、歯石取りがメインで進められていましたが、それでは本当に悪さをしている菌は退治できないのです。
その結果、
「一生懸命歯磨きをしているのに歯周病が進んでしまう」「一生懸命メンテナンスをしているのに先生にもっときちんと磨いてくださいと言われてしまう」という声が多く聞かれることになるのです。

しっかり顕微鏡で確認して菌をコントロールできると、歯周病菌をお口の中から消していくことにつながり、歯ぐきを本来の健康な状態に戻すことができます。
当院では位相差顕微鏡を使用した歯周内科治療を積極的に行っています。

歯周病の治療と位相差顕微鏡
歯周病の治療と位相差顕微鏡

■ 歯周病と全身疾患

歯周病を放置し悪化すると細菌が血管へと侵入し、脳卒中や動脈硬化・心筋梗塞・糖尿病などの全身疾患を引き起こしやすくなります。

また、妊婦さんが歯周病を患っていると、早産や低体重児出産のリスクが高まることも分かってきています。

歯周病と全身疾患

PMTC
~Professional Mechanical Tooth Cleaning~

虫歯や歯周病の原因はお口の汚れです。原因の除去にはPMTCという歯科で行う専門的なクリーニングが最も有効です。

歯の周りや歯と歯茎の間には、歯や歯茎に悪影響を与えるプラーク(歯垢)が存在します。プラークは細菌のかたまりで、バイオフィルムというフィルム状の膜に覆われています。バイオフィルムとプラークを取り除くには歯磨き粉や通常のブラッシングでは難しく、機械的に除去する必要があります。虫歯や歯周病の予防には、バイオフィルムを破壊することができる歯科衛生士のPMTCが重要となります。

定期的な検診でPMTCを受けることにより、虫歯や歯周病のリスクを低くすることができます。

  1. PMTC

  2. PMTC


〒820-1114 福岡県飯塚市口原349-11ほわいと歯科こども歯科案内パソコン用の画像 ほわいと歯科こども歯科案内スマートフォン用の画像